監督 ニール・ブロムカンプ の映画 チャッピーを見た あの 第9地区の監督だ 期待してましたが うーんとなった
良くできた映画で メッセージを込めているのも解かるけど 面白くない その一言 
ヒュージャックマンとシガニーウィーバーが最後まで映画に溶け込まず sfとしても古い展開だ
ただ 個人的にはこの監督は好きなのだ 映像が好きで エリジウムもストーリーよりも映像が良かった
sfにとことん拘ってマニアっく路線を突き進んで欲しい

安くて良いモノ

 28, 2015 15:30
タブレットのバッグをずっと探していまたが、良いもの見つけました、 リヒトラブ キャリングポーチ スマートフィット B5 イエロー限定版です。代引き込みで1900円、純正品かと思うほど造りとサイズがばっちりです、ショルダーベルトは別に買ったほうがいいですよ。

思い出粉砕機

 26, 2015 18:09

貴方の過去、粉々に致します。 一件につき18万4888円 税抜き価格

俺の頭の中の君は小さく笑った

 24, 2015 21:40

カメラの性能をどこまで俺は求めているんだろうか フルサイズを買ったところで腕は上がらんし k-5でオールドレンズを使い このままボチボチ撮る、それでいいんじゃなかろうかと最近思うのだ つまり写り方に満足しているんだ そして撮るモノは無限にある
時間だけが限られている とにかく撮ろう

エドモンド ハミルトンの 世界のたそがれに を読む 遠い未来、地球で最後の人間が、いろんな手段で人類の復活の為 頑張るのだが  その世界観が重苦しくて狂気に満ち 人の黒い部分をされけ出す でも最後 何故か感動するのだ
間違いなく 終わりが来る ひょっとしたら 明日の話だとしたら 自分が世界で最後の人になったら そう妄想すると どうする俺

リゾート気分を覚めさせない

 21, 2015 18:48


たまげました、完璧です カフェからの風景、インテリア エクステリア 小物雑貨 照明 料理とその味 接客 椅子、テーブル コーヒーの味と温度 全部100点 接客はマニュアルに頼らず自然 しかも可愛い 
藍の天草村という土産屋が経営している為、想像でおばちゃん好みの畳の座敷がある定食屋かなと想像してましたが 全く違う テーマはヨーロッパのリゾート地のオープンテラスのカフェ 天草の風景との融合に見事に成功しております 
全てにおいて、満点をとる店も珍しい これを維持出来るなら 成功したも同然だ

良い赤ですね

 16, 2015 20:03

最近、撮りに行けてません 上通りに行こうかね

さっきの夕焼け

 15, 2015 18:31
タブレットで撮影

ソニーのタブレットの感想を言おう、一言でいえば本気出せばやれる それが思った事だ
iPad Air 2 が競争相手だが ソニーの勝ちです キーボードを増設出来る事とマイクロsdを使える事 これが勝因です
でも iPad Air 2 のデザイン、ブランドこれは素晴らしい ただxperia z4 tabletを手に取って触ってご覧なさい すぐに判ります
ソニーの意気込みを感じることができます

1954年の開放具合 フレックス50mmf3.5

 11, 2015 20:37

正確には最古のタクマーではなく最古から二年後になるレンズです、開放でこんだけ解像してたら合格ですね
若干うるさめなボケですが、ノスタルジーを感じます
ついに買う3000円の2年ローンで、これをオーディオマニア観点から覗けば

遠く未だ誰も知らぬところまで

 09, 2015 22:09

火星に水の意味

 08, 2015 06:53

sfの世界のように火星は捨てられた惑星で、今の地球に移り住んだのだ だから人だけが地球を壊し 他の生物との共存が出来ない
という妄想をしてしまう

フレックスタクマー50mmf3.5 レンズの素性を知るためになんでもかんでも撮ります 石とか木の朽ちたやつとかどうでもいいやつ
を撮ると レンズのクセとか味が解かるような気がします この雑草の枯れたやつでも なんだか良いと思う
きっと相性がいいかもしれない ただスーパータクマーの28mmf3.5だけは好きになれない なんでかわからんけどね

転がり続けろ

 04, 2015 07:30

ニュースを見て深く考え込むので、ここ5年ほどはラジオをつけっぱなしにしている

時が過ぎれば誰もが大人に

 02, 2015 18:55

フレックスタクマー58mmの部ではこのカットが優勝です 
絞ればもっと蘂がくっきりと写りますが、そうすればボケの具合が悪くなります
夕暮れのしっとりした空気がよく出てます リングボケも100点 日本のモノつくりの技術は世界最高だと確信しました
良い写真が撮れるレンズ、解像度重視ではなく叙情的な写り それをそのまま造り続ければよかったのにと思います ペンタックスはKマウントになってⅯレンズあたりから、魅力を失い始めた 造りもデザインも所有欲もなくなるレンズになった 利益を上げるためプラスチックを使ったり海外で作らせたり何かを捨てたのだ その魅力をリミテッドレンズに込めたというが 高くて買えない 
会社は何度も身売りされ こんどフルサイズのカメラを出す 勝負だ 欲しくなるカメラを作ってくれペンタックス

このレンズは銘玉ですね 隙がないと言いますか 造りもカッコいい そして何よりリングボケが完璧
これは遺言に書いておきます、このレンズは売ってはいけないと 

WHAT'S NEW?