ココロトレール

風景の中の何かを探して

今流れた音は何処にいったのか



オーディオが好きでよその家の音を聴きにいったりしますと凄い事に気がつきます、同じCDであってもよそ家のオーディオで聴くと全く違う印象になるんです
それはその家の人の音の趣味にカスタマイズされているせいですが、5軒ほど訪問したら同じ音はありませんでした 例えばピアノの音がある家ではポロンポロンと聞こえある家ではピキンピキンと鳴ります 、最初は面白いなと思いながら、ひょっとしてうちの家の音もそんな印象なんだろうなと つまりのCDとかレコードに入っている音楽は本当はどんな音なのだろうかと、実際の音はレコーディング時のその場で鳴る音だろうけど それをテープとかパソコンの中に入った瞬間からそこにあるモニタースピーカーから出る音になる訳で、エンジニアはそこでモニタースピーカーを基準に音を創ります それをイヤホンとか巨大なスピーカーとか色んな機材で聴くと当然違う音楽になってしまう それを自分の音にしてくのが楽しみなんですが、ある程度は注意書きが欲しいなと思います 奏者と製作者の意図をもっと詳しく聞きたい 自由にどうぞも良いけどね




最近のテレビ面白いですか?



50歳を過ぎたからか、テレビの視聴者としてターゲットにされてないのか見たいと思う番組がない、朝から人を殴る映像を流したり刺激の強いものを流す傾向にあります、民放はスポンサーからお金をもらっている以上は視聴率を上げないといけない、あなたがテレビの制作者ならばどうしますか?

テレビの役目はネットの普及スマホの情報収集のしやすさにより終わりに向かいます、おそらくネットとテレビは融合していきより個人な細分化したチャンネルになるでしょう、テレビ自体がネットに繋がり勝手に情報を集めタイムテーブルを作ってくれるようになります
昔、兄弟でチャンネル争いした事が良い思い出になりそうです。

フェンスの向こうの世界から



フェンスの向こうには楽しい事が待っている気がした

皆さん最近音楽を聴いていますか、何かをしながらではなくて音楽だけを聴く為に座ってスピーカーと対峙して聴く事です もう40歳代後半の人達しかそんな聴き方をしないでしょう、今はスマホでイヤホンが主流ですよね もうスピーカーは一部のマニアの為に高級なバカ高いものという印象です
このまま スピーカーで音楽を聴くという事は無くなっていくのでしょうか、デジタル一眼レフからミラーレス機に移行していく様に 買う人が居なくなれば メーカーも作る事をやめ過去の遺物となります ただし本当に良いものは残ると思います オールドレンズの値段の高騰から分かるように 良いモノは残る

かき氷の溶けた濃い所が好きだ



昔の夏の話だ、俺は保育園位だったと思います近くの遊び仲間7人で隣町の海の家のかき氷を食べに行く計画をたてた、一番年上の6年生のk君のお父さんは教頭先生で何故か子供に大金を持たせていた、そのお金でみんなの電車賃とかき氷のお金を出してくれるというのだ。実はこの時初めてかき氷を食べたのだ、味はバナナ味だった みんなでゲラゲラ笑いながらとても良い思い出です、後にk君の家庭は崩壊した。近所の人はk君の素行の悪さを責めたてたけど、大人になった俺は今でもk君の笑った顔こそが本当のk君だと信じている。

何気ない毎日が追憶になる瞬間



kー1の良さ、それはレンズの癖を最大限に引き出してくれる事かなと思います
開放マニアとしては最高のカメラなんです、この画像なんか好きなボケがきてます
思いどうりのやつが撮れた枚数が少し上がっているとは思います 2割増しくらいですね

昨日帰省していた娘と偶然帰り道が一緒になって歩きながら帰りました、やっと歩いた一歳の時の記憶が蘇って手を繋いでここを歩いたなと思い出すと、なんだか涙が出そうになって、我慢して歩きました 明日死んでも子供達が幸せならすんなり受け入れられるような気がした いいや まだまだ撮らないといけない 死にたくない