ココロトレール

風景の中の何かを探して

歩くしかないのに立ち尽くす



みんな元気だったから 今年は良い年だったよ 来年どうしよう 年々色んなところ衰えます まずは歩こう

世界は変わらないのか


アフガニスタンでこの国を良くしようと頑張っていた日本人が殺される 殺そうと企てた人達はこれにより何を得たのか 失ったものもわからないだろう
人間の歴史は欲望に左右されまた同じ事を何百年も繰り返す もう変わらないのだろう という事は世界はそのままなのだ 平和が良いと解っていながら殺し合う
自分の中にも黒い憎しみはあるだから戦争に発展したり殺人に至る仕組みも何となくわかる    犬のブリーダーのお客様のお話で 必ず生まれながらに凶暴な子供が生まれるという事を聞いた どうするかというと殺処分するのだ その子の血を途絶えさせる為だ 恐らく凶暴ではなくて野生の血がそうさせたのだ人間に合わないだけで 自然の中ではその犬が生き残る ブリーダーの世界では人に懐かない犬は死だ この世界では善 アフガニスタンのある地域では 日本人を殺すのは善なのだ 
 
平和の思いは一人一人違うのだ これからゆっくりと人は減るだろう 地球に真の平和が来る 海は透き通り 森は屋久島の様に神聖な雰囲気に 人だけがいない

撮りたいものの数半端ねー


俺の住んでる周辺は 撮るに困るのだ とにかく中途半端なものばかりで 振り切ったまたは偏った魅力的なものが少ない
都会は良いね ずっと撮ってられます 何もかもが刺激的で 生命力を感じます やっぱりここで生まれた人と田舎で生まれた人がおんなじ様に育つわけないよね
若い人は 都会に住むべきだと感じます 良い刺激悪い刺激があるだろうけど 街の躍動感が半端ねー

アリとキリギリスはどっちが幸せか


都会に行くと人を避けて歩く事に疲れてしまう 離れて見るとアリのようだ ビル群はアリ塚 
あの世にお金は持ってけないからね 使った方が良いのかな 長年探していたレコードがこないだすんなり見つかりそれも状態も良くて安かった オリジナルではないから音はあまり良くない 心の中でハードルを上げすぎたんだろう それより小さな夢が叶ってしまい 気が抜けた 手に入れる前の方が幸せだったりして

昭和に生まれて



東京ブラックホールというドキュメンタリードラマがNHKでありました 主人公が前の東京オリンピックにタイムスリップして 東京オリンピックの隠された裏の庶民の苦しみを暴いた 正直な感想を言うと日本という国は腹黒かった 世界に先進国の仲間入りを許してもらう為に 庶民に苦しみを押し付けた そのツケはオリンピックの終わりと共に国債を発行して誤魔化した 前のオリンピックから何も学んではいないのではないか 地震で壊れた原発は未だ解決は見えて来ないのに オリンピックのお金は湯水のように使われる 本当の苦しみはオリンピックが終わった後に来るだろう 大不況が訪れようとしている 

それでも 楽しく生きよう せっかくここにいるんだし